4Kのビデオカメラを選ぶメリットとは

4Kのビデオカメラを選ぶメリットとは?


みなさんは今、どんなビデオカメラを選ぼうとされていますか?
価格でいえば、HDやフルHDのビデオカメラがお手頃ですよね。
また機能で選べば、やは現在は4Kのビデオカメラが一推しでしょう。


では価格はさておき、HDやフルHDのビデオカメラを選ぶよりも、4Kのビデオカメラを選ぶメリットとは一体何でしょうか?今回は4Kのビデオカメラを選ぶメリットについてご紹介させていただきます。

フルHD4Kは何が決定的に違うのか?

現在、通販などで、ビデオカメラの値段を比べると、フルHD4Kでは、4Kの方が約1.5倍から2倍ほど高いです。コスト面を考えるならば断然、フルHDのビデオカメラですね。では価格を無視して、4Kのビデオカメラを選ぶ最大のメリットとは一体何でしょうか?それは画質の解像度の違いです。

解像度はそれぞれ、フルHDのビデオカメラが「1920×1080」で207万画素、4Kのビデオカメラが「3840×2160」で830万画素です。両者を単純に比較すると、約4倍の解像度の差があります。

では解像度が4倍になると何が違うのでしょうか?解像度は4倍になるとその映像の鮮明さが全く違って見えます。極端にいうとフルHDのビデオカメラで撮影したものが「何か」よくわからないものでも、4Kのビデオカメラ撮影したものであれば、それが何か「はっきり」とわかってしまうのです。撮影した対象を「はっきり」と観たいのであれば、4Kのビデオカメラがおすすめです。

静止画像にプリントアウトするなら断然?

フルHDのビデオカメラと4Kのビデオカメラの違いを引き立たせるのが、何といっても静止画像にプリントアウトした時です。動画では、気にならないブレや精度も、静止画像になるとはっきりとわかり気になってきます。もし映像をプリントアウトして、写真として残されるのなら断然4Kのビデオカメラにすることをおすすめします。

将来4K以上のテレビで再生するなら?


そして極めつけは、ビデオカメラで撮影したものは、再生してもう一度観るにはテレビで観る必要があります。フルHD対応のテレビであれば、フルHDのビデオカメラで撮った映像でも何ら問題はありません。

ところが、これから将来4K画質以上に対応したテレビで映像を観る場合は、やはり4Kのビデオカメラで撮った映像でなければ物足りなくなります。

特にテレビの放送が今後4Kが主流になれば、どうしてもテレビも4Kにせざるをえません。

まとめ

今回は4Kのビデオカメラを選ぶメリットについてご紹介させていただきました。現在はテレビの方がフルHDが多いので、フルHDのビデオカメラでもそれほど問題はないかもしれません。

ところがどうしてもテレビ放送の方は、今後4K、8Kと変わっていくのは間違いないので、出来るだけテレビ放送に合わせたビデオカメラ選びが良いのではないでしょうか。