4K30pと60pの違い

みなさんは、家電の通販サイトでビデオカメラをお探しの時、ビデオカメラの機能に「4K30p」や「4K60p」という数字が記載されていることはご存知でしょうか?4Kというのは文字通り画質が4Kという意味ですよね。

家庭用のビデオカメラで4Kといえば現在最高の画質です。では、「30p」や「60p」とは一体何のことでしょうか?また「30p」が「60p」になると一体何が違うのでしょうか?今回はビデオカメラの4K30p4K60pでは一体何が違うのについてご紹介させていただきます。

30p」や「60p」は一体何を表わしているの?

ビデオカメラに関係する数字で、「30p」や「60p」が使われますが、この数字は一体何を表わしているのでしょうか?「30p」や「60p」に使われている数字は、「フレームレート」といいます。

フレームレートとは、1秒間に保存されるフレーム(コマ数)のことです。このフレーム(コマ数)の数字が、大きければ大きいほど1秒間にたくさんのフレーム(コマ数)が保存されています。

そしてフレーム(コマ数)の数字が大きいほど、動画でみるとより滑らかな動きにみえます。またビデオカメラで撮った動画は、静止画像の集まりです。

1秒間の中により多くの静止画像が集められた動画の動きは滑らかで、みやすくストレスを感じにくいのです。例えるとイラストの数が多いパラパラ漫画の方が、動きが滑らかでみやすいのと同じです。

30p」だと実際どうみえるのか?

フレームレートは使用目的によって変えられます。よく事故や犯罪を検証する時に見られる防犯カメラは、通常「1p~5p 」といわれています。

その理由はフレームレートの数字が上がると、記録の容量が使われてしまうため、長時間撮れなくなるからです。また人の目でスムーズに動画が見られる最低限度は「30p」といわれています。これ以上フレームレートを下げると「カクカク」した動きに変わりみにくくなります。

30p」が「60p」になるとどう違ってみえるのか?

ではフレームレートが「30p」から「60p」になるとどう違ってみえるのでしょうか?「30p」と「60p」で撮影したものを比べてみてみると、「30p」よりも「60p」で撮った方が動画が滑らかにみえるといわれています。

ただ実際は4Kで撮るとその違いは通常モードではわかりにくいです。違いを確かめるには、スローモーションでみた時、「30p」はカクカクにみえ、「60p」はそのまま滑らかにみえます。

まとめ

今回はビデオカメラの4K30p4K60pでは一体何が違うのについてご紹介させていただきました。イメージ的には、フレームレートの数字はより高くなっていきそうですが、実際はフレームレートは使用目的によって最適な値があります。

例えば映画では昔から「24p」で撮る方が、臨場感があるといわれ、動画をユーチューブでみるには「60p」以上が良いともいわれています。様々なフレームレートが存在することで、ユーザが目指すイメージの動画撮影されることでしょう。